昭和女子大学附属

昭和中学校・昭和高等学校

〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7
TEL 03-3411-5115 03-3411-5115

学校のホームページへ

“世の光となろう”

創立者・人見圓吉、緑夫妻は、偉大な教育者でもあったロシアの文豪トルストイのヒューマニズムに満ちた教育観に共鳴し、1920年、学校を創立しました。その誠実で自立心に富み、自己実現をめざしながら社会に貢献できる人間を育成する姿勢は、学校目標「世の光となろう」という言葉にしめされています。知識だけではなく、体育・徳育・知識の面でバランスのとれた人間を育む全人教育を実践してきました。中学・高校の6年間では、「人生を生き抜く力を身につけること」を目指します。併設の昭和女子大学へは推薦で進学ができ、その推薦の権利を保留したまま他大学を受験することができます。高校3年生で1年早く昭和女子大学へ進学して学ぶ「5修生制度」もあります。
昭和女子大学は、上海交通大学、ソウル女子大学、テンプル大学とダブルディグリーを締結し協定大学の2つの学位を取得することができます。また、就職率は10年連続女子大ナンバーワンを記録し、社会のニーズに応えています。


■TOPICS

2019.06.17

得意な分野で、なりたい自分へ

「昭和ならでは」の伝統の全人教育を土台に、一人ひとりが「得意」を磨き、可能性に「もっと」挑戦する。
あなたが輝く未来へ。

TOP PAGE