青稜中学校・高等学校

〒142-8550 東京都品川区二葉1丁目6番6号
TEL 03-3782-1502 03-3782-1502

学校のホームページへ

“社会に貢献できる人間の育成”

(1)意志の教育
人生の中では、つまづくことがあるかもしれません。そうした場面でも、くじけることなく前進できる強い意志力が大切と考えます。
(2)情操の教育
強い心を持ちながらも、他人を思いやることのできる人格形成を目指し、その為には豊かな感受性を育むことが重要と考えています。
(3)自己啓発の教育
そして(1)(2)を携えて社会の一員としてその個性を存分に発揮できるよう自己啓発の教育を重んじ、社会に貢献できる人物の育成をはかっています。


■TOPICS

2021.11.20

青稜祭

昨年度は残念ながら中止となった「青稜祭」。今年度は1年かけ、このような状況でどうすれば実施できるかを模索してきました。結果、規模を縮小、人数を制限しての実施ではありましたが、10月23日・24日の2日間、無事に開催することができました。スローガンは「再輝」。ダンス部や吹奏楽部をはじめとして舞台発表、そして各クラスの教室発表。かつての生徒達の輝きが蘇った2日間でした。昨年度は、食品販売なども復活した、かつての「青稜祭」が開催できることを祈っています。

青稜祭 青稜祭


2021.09.21

自然観察教室

9月2,3日、9月7,8日に、中学1年生の自然観察教室が行われました。
移動のバスは、各クラスを2分割し間隔をあけて乗車。車内ではおしゃべりをしない、食事もアクリル板で隔てたうえ、黙食・・・と、例年にはない形での実施でしたが、新入生にとってははじめての行事で、何よりこうした形であれ校外の行事が実施できた喜びの方が大きかったようです。このような状況でも、生徒が自然に触れ合う場をいただき、少しでも学びの機会を削らずに済みました。ご協力いただいた方々に感謝申し上げます。

自然観察教室 自然観察教室


2021.07.20

宿泊学習

中学1年生の宿泊学習。青稜生が自分達で種植えを行って、9月に野菜を収穫するという毎年恒例の行事ですが、 去年・今年と、新型コロナウイルス感染症の影響で宿泊は断念。
9月の収穫のみ行うというプログラムで進行しています。 収穫に向けて、5月上旬に教員が農園スタッフの方の力を借りて、種植えを行って来ました。約1ヶ月、種はしっかり芽吹いていました。今も収穫に向けて全力で成長中です!

宿泊学習 宿泊学習


2021.06.01

学習ツール

青稜では、学習ツールとして1人1台iPadを所持しています。Google classroomの閲覧や登校に、授業の際のプレゼンに、もしくはクラス間での意見交換に・・・と、使い道はさまざまですが、試験1週間前のこの日、中学1年生のこのクラスでは「自習」の際にタブレットを活用していました。スタディサプリで配信されていた課題に集中して取り組む生徒の姿が多く見受けられました。最近は、放課後「Sラボ」(本校の自習支援システム)の自習室で「スタサプ」の課題に取り組むのが、一つの自習のスタイル。彼らにとってタブレットは「文房具」の一種のようです。

学習ツール


2021.01.20

ふたばさん

青稜のマスコットキャラクター「ふたばさん」ついにLINEの「スタンプ」デビュー!!
スタンプといっても、ただのスタンプではなく「仲直り専用」仕様!
ちなみに、これらのスタンプの言葉を考えたのは、本校のSDGsゼミナールを受講している中学2年生と3年生の生徒たち。SNSでのトラブルも大きな問題となる今、中高生に必要なのは「仲直り」を目的とするスタンプではないか、ということで作成いたしました。

ふたばさん


2020.11.20

入学式開催

入学式 入学式

9月17日、品川区立総合区民会館「きゅりあん」の大ホールで入学式を開催しました。政府の緊急事態宣言が4月に発令されたことを受け、2度の延期を経て、ようやくの実施となりました。この時期の開催には、あくまで「人生の節目となる入学式を大切にしたい」という思いが込められています。保護者の方にもご参加いただき、広々とした館内でソーシャル・ディスタンスを保ちながら、生徒たちの前途を改めて祝福しました。


2020.09.19

ゼミナール授業

今年度から「ゼミナール授業」がスタートしました。対象は中学2・3年生。内容は大学の「ゼミ」と同様の、少人数の探求型の授業スタイル。 テーマも「めざせお天気マニア」「日常生活と数学」「芥川賞を読む」など、ユニークな14講座。生徒は希望する担当者のゼミを受講し、年間を通してそのテーマを探求していきます。授業形態もも、グループワークやプレゼン、課外活動など工夫を凝らしたスタイルで、生徒たちは毎週楽しみにしているようです。

ゼミナール授業

ゼミナール授業


2020.07.20

「3C」(challenge・change・contribution)

平和学習 平和学習

今回の「コロナ禍」、われわれ教育の世界にも大きな動揺をもたらしました。本校にとっても例外ではなく、当初は現場にも多少の混乱がありました。しかし、「3C」(challenge・change・contribution)という理念においては、停滞はありません。生徒の安全を守りつつ、いかに「学び」を止めないか、ということを考え、オンラインで様々な取り組みを実施しました。(休校期間中には本校の取り組みを多くのメディアにも取材していただきました。)
先日から、ようやく通常登校が再開しましたが、今後は「オンラインか、対面授業か」という二項対立ではなく、「オンライン」でも「対面授業でも」という新しい生活様式にあわせたハイブリットな教育の実現を目指します。


2020.06.20

休校期間から3か月

平和学習 平和学習

休校期間から3か月、ようやく分散登校が開始いたしました。6月1日(月)は、まずは中学2年生。クラスを分割し、距離を保ってのホームルームでしたが、久々に登校した学校で、生徒たちの顔は晴れやかでした。

さて、3月からオンライン授業を実施してきた本校ですが、6月中もしばらくは分散登校とオンラインZoom授業との両方から、生徒の学習活動をサポートしていく予定です。オンライン授業に、オンライン学校説明会、ここ数か月で急速にICT化が進んだ青稜ですが、来週はいよいよ「オンラインテスト」が待っています。生徒たちも、いつもと異なる「テスト」の形に向けて、すでに対策をはじめているようです。

2020.03.27

コロナウィルス感染症対策

コロナウィルス感染症対策として本校でも生徒の安全面を最優先し、春休み明けまで休校という措置にいたしました。それにともない、実施できなかった学年末試験は、本校教員による解説動画とともに各生徒に配信しました。他にも、スタディサプリの課題を配信したり、毎週水曜日には休校中アンケートを実施したりと、学校との「つながり」を感じられるような対策を随時実施しています。
中でも好評なのが、中学で実施されているZoomを使用してのホームルーム。画面を通してのやりとりではありますが、久々に顔を合わせる担任とクラスメイトたちは、いつも話が弾んでいます。高校生向けには、休校期間中の勉強への取り組み方を、学年主任と進路指導部長から動画で配信しました。この後も、生徒たちが学校とのつながりを意識できるよう、継続的なオンライン施策を実施していく予定です。


2020.01.20

ドイツ・ポーランド修学旅行

平和学習 平和学習

本校の修学旅行は平和学習をコンセプトに、中学3年生では京都に加えて広島を、高校2年生では沖縄、もしくはドイツ・ポーランドを訪れます。
今年度からスタートしたドイツ・ポーランド修学旅行では、2日目に今回の研修のメインである世界遺産「アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所」に向かいました。ナチスドイツの負の遺産として知られるこの場所で、唯一の日本人ガイド中谷剛さんの案内の下、博物館に展示された残酷な歴史の痕跡を目の当たりにした生徒たち。言葉を失い、真剣な表情で写真を撮り、メモにペンを走らせるその姿からは、多くのことを学び取りたいという真摯な思いが伝わってきました。


2019.11.20

青稜祭

体育祭 体育祭

9月22日(日)青稜祭が実施されました。来場者はおよそ4000人。朝早くから多くの方にお越し頂き、盛況のうちに終了いたしました。
今回の目玉は中学2年生作成のモザイクアート・・・だったはずが、残念ながら当日は強風のために飾ることができませんでした。後日、天気の穏やかな日に校舎の壁を飾ることになりました。生徒達は、力をあわせて一つのものを作成する大変さと、完成したときの達成感を味わったようです。
また、今回のトピックとしてもう一つ、新制服がお披露目されました。青稜では、来年度から制服のデザインが一新されます。まだ、ネクタイやリボンなど細かい部分は制作中ですが、新しい制服のデザインに在校生も来場者も注目していました。


2019.09.06

体験入学

体育祭 体育祭

8月24日(土)、小学生対象の「体験入学」が実施されました。

悪天候も予想されましたが、当日は見事な晴天、1000名を超える方にご来場頂きました。

今回は部活動体験が中心だったのですが、運動部の体験に参加した生徒は、暑い中とても楽しそうに本校の部活動を「体験」していました。

また、保護者の方の発案で企画したのが、「父母の会」の相談コーナー。

現役の生徒の保護者が実際の学校生活について答えるという企画だったのですが、「実際、どれくらいのお金がかかるの?」など、保護者ならではの率直な疑問に、現役の保護者が答えるという内容が、来訪者には好評でした。

次回は、10月19日、授業の体験があります。こうしたイベントが、志望校選びの一助になれば幸いです。


2019.07.17

体育祭

体育祭 体育祭

6月11日(火)に予定されていた体育祭。前日の大雨で開催自体が心配される中、昨日無事に行われました。

青稜で、中学校のみの体育祭が行われるのは今年で5回目。今年のテーマは「百花繚乱〜輝け、煌めけ頂点へ〜」。

本校では、4色のブロックに分かれて優勝を競います。

今年、総合優勝したのは赤組。悔しさに涙を流す生徒もいましたが、百花繚乱咲き乱れた後の生徒達は皆、生き生きとして満足げに体育祭を終えていました。


2019.06.17

自然教室

自然教室 自然教室

5月9日(木)〜11日(土)の3日間、中学1年生は自然教室に行ってきました。農業体験では、慣れない畑での作業に苦戦しつつも、ジャガイモの植え付けをしました。秋の収穫が楽しみです。樹海ハイクでは「森」ができるまでにどれだけの年月がかかるのかを、実際の「樹海」の中を歩きながら「体感」しました。
一方、4年生(高校1年生)は5月8日(水)〜10日(金)の3日間、白樺高原で自然学習を行なっています。テーマは「自ら学び、自ら考え、白樺高原の自然と文化に親しむ」というもので、防災実習と自然観察がメインのプログラムです。火起こしや防災食作りなど、生徒たちは自分自身で考え、工夫していました。


TOP PAGE